今回も、お客様から頂いたご質問にお答えいたしましょう。




Q:太陽光パネルの寿命はどのくらいですか?

A:一般的な太陽光パネルの寿命は20年以上と言われていますが、

   設置場所や設置条件などによって異なってきます。





Q:太陽光発電の設備容量はどのように算出されますか?

A:太陽光のパネルの合計出力とパワーコンディショナの合計出力のどちらか

   小さい方の値を設備容量として申請します。





Q:太陽光発電のシステムの製造自体に、

   大量のエネルギーが使われているのではないでしょうか?

A:確かに製造にもエネルギーは必要です。

   太陽光システムの導入において、その設備(太陽光パネルやパワーコンディショナなど)

   の造成・建設(土木工事や施工作業など)などにエネルギーを投入する

   必要がありますが、

   こうした投入エネルギーに相当する量のエネルギーを得られるまでの期間が、

   太陽光発電システムの場合、2.4年です。

   つまり、設置後2.4年後には全くクリーンなエネルギーを創出しているといえます。





Q:海外メーカーと国内メーカーのパネルの違いは何ですか?

A:価格の差は、国内と海外のパネルを比べると、

   海外メーカーが1kWあたり約5万円程安価で太陽光パネルの出力保障が25年と長いです。

   変換効率で比べても1~2%しか変わりません。



太陽光発電1


今回もお客様からのご質問にお答えする形で、太陽光発電について説明させてもらいました。

次回もお楽しみに(^o^)